我が家は狭いのですが、地下があるので、季節家電がシーズンオフになったときにはそこに収納しています。

季節家電のシーズンオフの保管方法
季節家電のシーズンオフの保管方法

34才、女性のエッセイ : 我が家は狭いのですが

季節家電のシーズンオフの保管方法
我が家は狭いのですが、地下があるので、季節家電がシーズンオフになったときにはそこに収納しています。それほど大きなスペースではないため、収納できる数も限られていますが、この地下があるだけで、かなりすっきり収納できて助かっています。
地下のメリットは気温がそれほど変動しないこと、湿度も一定に保たれていることにあります。ただ地下に虫がでるので、シーズンオフの季節家電にはたっぷりの防虫剤を付けておかないといけません。そうしなければ、久しぶりに取り出して使用するとき、虫の死骸によって家族が大騒ぎしてしまうことになります。
入りきらない季節家電は、外の物置に保管しています。そこは直射日光が当たり、非常に室内が高温になるため、精密機械を入れることはできません。単純な構造で値段も安い季節家電(たとえば夏場のサーキュレーター、冬場のストーブなど)を入れています。こちらも虫がでるので、ここの担当は夫にお願いしています。
シーズンオフの家電は場所をとります。保管する場所は適切な環境でないと、家電の機能などにダメージを与えるので、それぞれに合わせた最適な場所に保管することが大事です。

Copyright (C)2017季節家電のシーズンオフの保管方法.All rights reserved.